こんなんでいいのかよ

ハンドボールが楽しくてたまらない高校生のブログです コメント&リンク歓迎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッチマン敗北す!?

またまた登場ストレッチマン!!

しかし、ストッレチマンはキン肉マンのキン肉バスターによって殺されてしまいました







はい、なんか壊れててすんません

もう、まじでやばい

二年に無事上がれるかわからない

可能性はかなり低い

ネガティブ終了








こっから本題

筋肉に興味ない人ごめん

超回復理論と新しい理論

超回復理論は筋肉を疲労だけで考える理論です

たとえば10の運動をすれば10の疲労が筋肉にかかるとします

その疲労が回復したとき弾みで1あがる

超回復理論ってのは大まかに言うとこんな感じです


しかし、この超回復理論では説明がつかないこともあるのです

そこで現れたのが新しい理論です(名前は忘れたw)

新しい理論では筋肉を疲労とトレーニングによって得たプラスの力を考えます

たとえば10の運動をすれば10の疲労が筋肉にかかり、プラスの力が8得られるとします

疲労はプラスの力が衰えるのより早く回復します(個人差あり)

疲労が10回復間にプラスの力が7衰えるとすると

最終的にはプラス1


今回の二つの結果は同じです

では何が違うのか

回復の早いひとがいると超回復理論でいうと10の疲労が弾みで6上がるなんてことはありえませんが(超回復理論ではあくまで疲労に対する弾みは決まっているとされています)新しい理論でいうと回復が早ければプラスの力は衰える期間が短くなりますのでありえなくはない

まぁこういう違いがあるわけです

理論がどうたらこうたらえらそうなこと言ってますが実際は筋トレは個人差がありすぎるものなのでどれが正しいなんてわかりません

最終的には自分にあっている筋トレが見つかればいいのですから

ただ興味のある人は超回復理論と新しい理論について調べてみてください









上とまったく関係ありませんが最近初代ポケモンにはまってしまいましたww

バグらせるのがやたらおもしろいです

ミュウ強す
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://yxyxaa.blog54.fc2.com/tb.php/411-aef0feae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。